最も身近なアウトドア、それは…

アウトドア。
それは自分の狭い日常の生活から外に出て、思い切り楽しんだり挑戦したりすることだと思います。

しかし私は自宅で五匹の猫を飼っていて、ご飯やトイレなど、彼らの世話が気になり、最近は特に泊りがけで遠出するなど、出かけたくても出かけられない思いでした。

だけどずっと家にこもっていたら、気持ちもこもりがちに…。

海外旅行に行った、バーベキューをしにキャンプした、など友人から聞くだけで、うらやましくなったりしました。

そこで、わざわざ遠くにいかずにできるアウトドアはないかな、と考えました。

考え事をするとき私はいつも、ご近所を散歩がてらグルグル回ります。

…そうか、散歩だ!

私は、ご近所のおいしいランチのお店を探したりするのが好きだったりしたこともあり、「ご近所の散策」が、家が気になる、でも外にも出たい自分の気持ちに一番合うアウトドアに思いました。

ご近所に自生している草花、お祭りの案内の張り紙。
いつも散歩や買い物でよく通るので、全部知っているつもりでしたが、ほとんど何も見ていなかったことに気付きました。

「こんなお店いつ出来ていたんだろう」
「ここのお家、屋根の色が素敵!」
「一日で草がボーボーになってる!」

・・・などなど、近場で発見が盛りだくさん。

なにか地域のボランティア活動がしたいな、と以前から思っていて、でも、家でネットで調べても何もボランティアの情報が見つからなかったのに、一歩外に出ただけで「ボランティアさん募集してます」の文字を発見!たまには外に出なければいけないな、と感じました。

そうしてご近所を散歩しながら地域の催しに参加していると、よく声をかけられるようになりました。

家にいたころはご近所さんのことは殆ど知らなかったのですが、「こんなに優しいひとだったんだ」など、身近な人の意外な一面を発見したりもしました。

夏本番が近く、遠くにお出かけも素敵ですが、ご近所で庶民的な楽しみを探して歩いてみるのも、お手軽なアウトドアに最適だと思います♪

アウトドア好き40代主婦のインドアな生活|GetMoney|ライブチャット|SEOアクセス|アルバイト|優良SEO|相互リンク|サイドビジネス|yahoo|